top of page

How Is Cardano Different From Other Blockchains?カルダノは他のブロックチェーンとどう違うのか?


多くの人がカルダノをイーサリアムキラーとみなしています。カルダノがイーサリアムや他のスマート・コントラクト・ブロックチェーンとどう違うのかについて話します。カルダノとイーサリアムはどちらも開発者に幅広いアプリケーションを提供しています。しかし、両者にはいくつかの本質的な違いがあります。まず、カルダノはオラボラをプルーフ・オブ・ステーク・コンセンサス・メカニズムとして採用しています。一方、イーサリアムは以前、プルーフ・オブ・ワーク・アルゴリズムを使ってトランザクションを処理し、ブロックチェーン台帳を維持していました。



この違いは、ユーザーがブロックチェーンとやりとりする方法や、報酬を得る能力に影響する。プルーフ・オブ・ステークでは、ユーザーは実際に取引を行ったり、過剰なエネルギー資源を費やしたりすることなく、取引を検証するために暗号をステークすることができます。一方、プルーフ・オブ・ワークのマイニングでは、新しいコインを生成するために高価なハードウェアと大量の電力が必要となります。


イーサリアムは最近、プルーフ・オブ・ステーク・コンセンサスを使用するように移行しました。しかし、業界の専門家は、現在32イーサリアムにとどまっているバリデーターになるための十分なステークを得るための参入障壁の高さや、ステーク削減のリスクなど、いくつかの欠点があると疑っています。第二に、カルダノはイーサリアムよりも効率的なブロックチェーンのスケーラビリティを可能にするレイヤーアーキテクチャーで構築されています。


つまり、カルダノ・ブロックチェーン上の取引は、イーサリアム・ブロックチェーン上の取引よりも迅速かつ低コストで処理できるということになります。また、ブロックチェーンを特定のニーズに合わせることができるため、レイヤーによって開発者はより優れたアプリケーションを構築することができます。そして最後に、カルダノのスマートコントラクト言語は関数型プログラミング言語Haskellを使って構築されています。イーサリアムのsolidity言語がその複雑さとバグの影響を受けやすさで批判されているのに対し、これは安全で決定論的であるように設計されています。


そのため、カルダノのPlutus言語で書かれた契約は、solidityで書かれたものより安全で、エラーが起こりにくい。多くの開発者は、適切なツールや文書がまだ初期段階にあるため、カルダノでの構築はまだ比較的難しいと表明しています。しかし、コードの基礎となる機能は非常に安全であることは確かです。もう一つの人気のあるスマートコントラクトプラットフォームはPolkadotです。では、カルダノとポルカドットを比較するとどう違うのだろうか?


カルダノにはいくつかの特徴があります。第一に、カルダノはPlutusと呼ばれるブロックチェーンに特化したプログラミング言語で構築されているのに対し、ポルカドットはWebassemblyプログラミング言語を利用しており、異なるブロックチェーンネットワークの開発者がブロックチェーンの上にアプリケーションを構築できるようになっています。第二に、カルダノは取引処理にオープンソース技術を採用しており、安全性と信頼性がテストされ証明されています。


一方、Polkadotの技術は、投票や暗号のステーキングのようなコンセンサス・メカニズムによって維持される必要のあるバリデータ・ノードに依存しています。つまり、Polkadotはバリデータによって操作されやすいため、Cardanoほどのセキュリティを提供できない可能性があります。最後にSolanaですが、これもCardanoの競合と考えられてきました。では、CardanoとSolanaはどう違うのだろうか?


CardanoはArabaをプルーフ・オブ・ステーク・コンセンサス・メカニズムとして採用しているが、Solanaはプルーフ・オブ・ヒストリー・アルゴリズムを採用しています。この違いは、ブロックチェーンアプリケーションの開発方法や、ユーザーが暗号をステークすることで得られるインセンティブの種類に影響を与えます。ここ数日、Solanaはブロックチェーンをシャットダウンし、再起動しなければならないケースに何度か見舞われていますが。このようなことから、このテクノロジーは分散型ブロックチェーンではなく、中央集権型データベースに近いと考えられています。


結論として、Cardanoは他のスマート・コントラクト・ブロックチェーンと比較して、証明可能で安全なプルーフ・オブ・ステーク、コンセンサス・メカニズム、レイヤード・ブロックチェーン・アーキテクチャ、安全なスマート・コントラクト言語など、いくつかの重要な利点を提供しています。このため、セキュリティ、スケーラビリティ、コスト効率を向上させたブロックチェーンベースのアプリケーションを構築したい開発者にとっては、より魅力的な選択肢となります。以上のことから、ブロックチェーン・エコシステム開発の初期段階にあることは間違いありません。


カルダノは、時の試練を乗り越えて自らを証明するスマート・コントラクト・プラットフォームのひとつになる可能性が高いです。

Comentários


bottom of page